信州大学「アルプス登山学演習」

9月2日~5日に実施された信州大学農学部の公開森林実習「アルプス登山学演習」に,
院生の佐藤と猪股が参加しました.

実習は,登山技術と山岳環境に関する基礎知識を習得することを目的として,
読図や天気図作成といった準備段階から,バリエーションルートを用いた登山まで,
幅広い内容が含まれていました.
(昨年度の実施概要はこちら:信州大学農学部のHPへジャンプします)

実習内容の一部.
2日目は沢登りを体験しました.突如目の前に現れた垂直な滝を登ります.



ザイルワークも用いて,ほぼ垂直な落差15mほどの崖を登りました.
信州大学農学部の先生方をはじめとするスタッフの方々のサポートがなければ,
たとえ目の前に研究したい地形が広がっていたとしても,
こんな崖を登ろうと思うことはなかったでしょう.


地形をみる一学生として,行動範囲を広げる貴重な機会となりました.
また,異分野(農学系・生物学系)の学生さんとの交流を通して,
“山”を多角的にみるきっかけにもなりました.

興味をもった方は,ぜひ来年度の受講を考えてみてはいかがでしょうか?