JALPS 井川フィールドミーティング

10月17日~19日,筑波大学井川演習林にて,中部山岳地域大学間連携事業(JALPS)の2014年度フィールドミーティングが開催され,教員の松岡と院生の猪股が参加しました.
N. Matsuoka (stuff) and Y. Inomata (student, M1) attended the JALPS field meeting, held from October 17 to 19 at Ikawa University Forest, University of Tsukuba.
【更新:10.23】 このFMの様子は,筑波大学農林技術センター演習林ブログ「森の便り」にも掲載されています.ぜひご覧ください.The field meeting was reported also in a blog of the University Forest.
初日に行われた国際シンポジウム
「急傾斜山地における斜面変動と生態系―スイスアルプス・日本アルプスの比較―」
では,日本の地形学者・砂防学者による講演のほか,スイス・ベルン大学の Markus Stoffel 先生と Daniel Trappmann さんによる“樹木地形学(dendrogeomorphology)”研究の講演も行われ,多くの分野の研究者・学生にとって非常に興味深いものでありました.
The program started with an international symposium on "Slope dynamics and ecosystem in steep mountains: Comparison between Swiss and Japanese Alps" in the afternoon of the first day. The symposium comprised six talks including special lectures on dendrogeomorphological research given by Prof. Markus Stoffel and Dr. Daniel Trappmann, University of Berne, Switzerland. All talks were followed by stimulating discussion among 22 interdisciplinary scientists and students.

2日目の巡検では,井川演習林内およびその付近の見学をしました.
はじめに,林長の山川先生による,演習林の概況説明がされました.
On the second day the attendants went on a field trip in the University Forest and the surrounding area.



落石イベント発生時期を樹木の年輪を用いて推定する手法について,Stoffel 先生(写真奥)と Trappmann さん(写真手前)が実演してくださいました.
樹幹から採取した年輪のコアサンプル(およそ直径5mm)から,落石がいつ起きたのかを明らかにします.
Prof. Stoffel and Dr. Trappmann demonstrated dendrogeomorphological methodology.
The timing of rock fall events can be reconstructed by analyzing tree rings.






 午後は,大井川本流沿いにある大規模崩壊地「赤崩れ」および「ボッチ薙」の見学をしました.
崩壊の源頭部(写真上部)は年間数十cmオーダーで後退を続けているとのこと(静岡大学,今泉先生).
写真手前の土石流堆積により形成された沖積錐は,おおよそ20度の急勾配であり,これは流下時の土砂濃度が非常に高かったことを示しています.
In the afternoon, we visited two large rockslides called "Akakuzure" and "Bochi-nagi", which continue active erosion.


山地の地形変化,とくに短時間で生じる斜面変動は,多くの素因と誘因が組み合わさって生じるものであり,“いつ”,“どこで”起きるのか予測することは非常に難しいのですが,多くの事例・研究例を通して,それらに対する考察が深まった3日間でした.
Although the prediction of the timing and location of mass movements is difficult because a number of factors and triggers are involved, we have learned a number of approaches to  tackle difficult problems during the meeting.

最後に,Stoffel 先生と Trappmann さん,今回のFMに参加された筑波大学育林学・自然保護学研究室の Lee Hao さん,および私(猪股)での記念写真.貴重な講演をありがとうございました!
The last picture was taken in dinner time. Prof. Stoffel, Dr. Trappmann, Mr. Lee Hao (left, Laboratory of silviculture and nature conservation, University of Tsukuba), and me (right) are in this picture.
Thank you for coming this meeting and giving interesting lectures!