八反地 剛(HATTANJI Tsuyoshi)


准教授(筑波大学 生命環境系)

E-mail: hattan

研究テーマ

地形学と水文学の境界領域である水文地形学を基礎として,山地斜面で発生するさまざまな地形変化のプロセスに関する研究を進めています.特に斜面崩壊や地形変化の速度に関連する諸問題を,斜面水文学や岩石の風化作用などの知見を取り入れながら,解明することを試みています.以下の研究テーマに取り組んでいます.

  1. 山地源流域の侵食・崩壊プロセス
    • 侵食・崩壊による谷頭部(水路頭)の地形変動
    • 表層崩壊と地中水の挙動
  2. 多様な野外環境における岩石の風化
    • 風化に関する室内・野外実験(石灰岩の溶解,塩類風化)
    • 化学分析に基づく花崗岩の化学的風化速度の推定
    1. カルスト地形
      • 溶食ドリーネの形成
    2. 表層崩壊・地すべりの予測
      • 航空レーザ測量データを活用した表層崩壊発生場所の予測
      • 地すべり地形分布図を活用した地すべり到達距離予測

    地球学類の皆さん・地球科学専攻志望の皆さんへ:学類生や大学院生の研究テーマは上記に限定されず,それ以外のテーマも,受け入れることがあります.例えば,以前は塩類風化やカルスト地形を研究対象にはしていませんでした.どうぞ気軽に相談してください.

    TSUKUBA FUTURE(#033:地図を読む~斜面崩壊・地すべりのメカニズムに挑む)に掲載されました.御覧ください.

    担当授業科目

    2019年度担当(地球学類)
    • 地球環境学2(分担):「風化・侵食」を担当予定. 
    一部の写真を公開:Google map(地球環境学B「侵食」-一般)
    一部の写真を公開:Google map (地球環境学B「侵食」-筑波山)
    • 斜面プロセス学:秋AB 木3
    • 地形プロセス実験B(分担):秋AB 木4-5
    • 地形学演習A・B(分担)
    • Introduction to Geoenvironmental Science (G30,分担)
    • Process Geomorphology (G30,分担,※奇数年開講)
    • Natural Hazard (G30,分担,※奇数年開講)
    2019年度担当(大学院)
    • 侵食地形論:春C 木3-4(ただしスイス巡検の時期は休講)
    • 地形学演習(分担)
    • 地形学野外実験I・II(分担)GW山口県(残り枠1名),5/17午後~19 安曇野地域(残り枠1名),このほか随時近隣(筑波山等)にて実施計画あり.

    オフィスアワー

    • 月・水・金:12:00~14:00(総合A204-研究室 または 総合A216-地形解析室)
    用件や相談がある場合,上記時間内に来てください.原則アポイントは不要(野外調査・不定期の会議等で不在の場合があります.不安な場合は事前に確認ください)

    略歴

    • 1995/4 - 1999/3: 筑波大学・第一学群自然学類
    • 1999/4 - 2003/3: 筑波大学大学院・地球科学研究科
    • 2003/4 - 2004/3: 筑波大学大学院・地球科学研究科,日本学術振興会特別研究員(DC2)
    • 2004/4 - 2005/3: 日本学術振興会特別研究員(PD)
      2004/9 - 11:オレゴン州立大学に短期滞在 (Watershed Processes Group)
    • 2005/4 - 2005/6: 筑波大学・生命環境科学研究科・研究生
    • 2005/7 - 2006/6: 筑波大学・陸域環境研究センター・準研究員
    • 2006/6 - 2018/3: 筑波大学・生命環境系・講師
    • 2018/4 -: 筑波大学・生命環境系・准教授

    所属学会

    日本地形学連合(2018年~行事主幹: JPGU地形セッションコンビ―ナー),日本地理学会(2010年~災害対応委員),砂防学会,地すべり学会,American Geophysical Union など

    研究業績

    書籍
    • 八反地 剛. 2019. 地形は変化する(2): 侵食,松岡憲知ほか編 改訂版地球環境学,古今書院.
    • 八反地 剛・西井稜子・渡邊達也. 2011. 測量と土壌・岩盤の調査法,上野健一・久田健一郎編 地球学調査・解析の基礎,古今書院.
    論文・ノート(査読付)
    必要な方にPDFファイルをお送りします.E-mailにてお知らせください.
    1. Hattanji, T., Matsushi, Y., Matsuzaki, H., Wasklewicz T.A. (2019) The role of debris flow on total denudation in small basins of the Ashio Mountains, Japan. Geomorphology, 329, 129-137. doi: 10.1016/j.geomorph.2018.12.022
    2. Sato, M., Hattanji, T. (2018) A laboratory experiment on salt weathering by humidity change: salt damage induced by deliquescence and hydration. Progress in Earth and Planetary Science, 5, 84. doi: 10.1186/s40645-018-0241-2
    3. 竹田尚史・八反地 剛・松四雄騎・寺嶋智巳(2017)伊豆大島において2013年台風26号により発生した表層崩壊の近傍斜面における雨水浸透過程.地形, 38, 265-279.
    4. 八反地 剛・松倉公憲(2017)土壌中における炭酸塩岩の風化速度とその制約条件-野外風化実験からのアプローチ-.地学雑誌, 126, 355-367. doi:10.5026/jgeography.126.355
    5. 佐藤昌人・八反地 剛・松岡憲知 (2016) 火星表面における岩石の風化プロセスと風化生成物.地学雑誌, 125, 133-153. doi:10.5026/jgeography.125.133
    6. Akiyama, S., Hattanji, T., Matsushi, Y., Matsukura, Y. (2015) Dissolution rates of subsoil limestone in a doline on the Akiyoshi-dai Plateau, Japan: An approach from a weathering experiment, hydrological observations, and electrical resistivity tomography. Geomorphology, 247, 2-9. doi:10.1016/j.geomorph.2015.05.028
    7. 八反地 剛・松四雄騎・北村裕規・小口千明・八戸昭一・松崎浩之(2014)宇宙線生成核種と物質収支法を用いた花崗岩山地の化学的風化速度の推定-北アルプス芦間川流域の事例-.地形, 35, 147-164. 
    8. 木下祐介・八反地 剛・八木勇治・江崎隼輝・奥村大輔 (2014) 東北地方太平洋沖地震とそれ以降の降雨による斜面崩壊:茨城県北部の花崗岩山地における事例.地形, 35, 25-39.
    9. Hattanji, T., Ueda, M., Song, W.S., Ishii, N., Hayakawa, Y.S., Takaya, Y., Matsukura, Y. (2014) Field and laboratory experiments on high dissolution rates of limestone in stream flow. Geomorphology, 204, 485-492. doi:10.1016/j.geomorph.2013.08.027
    10. 高屋康彦・八反地 剛・松倉公憲 (2013) 花崗岩墓石の風化に及ぼす表面研磨の影響:室内実験による予察.地形, 34, 293-302.
    11. 若月 強・八反地 剛 (2013) 圧力変換式テンシオメータのキャリブレーション:出力電圧への気温の影響に関する一実験.地形, 34, 197-212.
    12. Hattanji, T., Wasklewicz, T.A., Hayakawa, Y.S., Wester, T., Hegi, Y. (2012) Hydrogeomorphic effects of basin lithology on development of channel steps in first-order basins of the Ashio Mountains, Japan. Physical Geography, 33, 536-560. www.tandfonline.com
    13. 八反地 剛・森脇 寛 (2011) 丹沢・箱根地域における地すべり地形斜面の地形的特徴と運動特性―特に等価摩擦係数と土塊の拡散率について―.日本地すべり学会誌,48, 45-51.
    14. Matsushi, Y., Hattanji, T., Akiyama, S., Sasa, K., Takahashi, T., Sueki, K., Matsukura, Y. (2010) Evolution of solution dolines inferred from cosmogenic 36Cl in calcite. Geology, 38, 1039–1042. doi:10.1130/G31302.1
    15. Stark, C.P., Barbour, J.R., Hayakawa, Y.S., Hattanji, T., Hovius, N., Chen,H., Lin, C.‐W., Horng, M.‐J., Xu, K.‐Q. and Fukahata, Y. (2010) The climatic signature of incised river meanders. Science, 327, 1497-1501. doi: 10.1126/science.1184406
    16. Imaizumi, F., Hattanji, T., Hayakawa, Y.S. (2010) Channel initiation by surface and subsurface flows in a steep catchment of the Akaishi Mountains, Japan. Geomorphology, 115, 32-42. doi:10.1016/j.geomorph.2009.09.026
      こちらでも閲覧できます.つくばリポジトリ
    17. Wasklewicz, T.A., Hattanji, T. (2009) High-resolution analysis of debris flow-induced channel changes in a headwater stream, Ashio Mountains, Japan. The Professional Geographer, 61, 231–249. doi:10.1080/00330120902743225
    18. Hattanji, T., Moriwaki, H. (2009) Morphometric analysis of relic landslides using detailed landslide distribution maps: Implications for forecasting travel distance of future landslides. Geomorphology, 103 (3), 447–454. doi:10.1016/j.geomorph.2008.07.009
      こちらでも閲覧できます.つくばリポジトリ
    19. Matsukura, Y., Hattanji, T., Oguchi, C.T., Hirose, T. (2007) Ten year measurements of weathering rates of rock tablets on a forested hillslope in a humid temperate region, Japan. Zeitschrift für Geomorphologie, 51, 27-40.
    20. Hattanji, T., Matsushi, Y. (2006) Effect of runoff processes on channel initiation: comparison of four forested mountains in Japan. Transactions, Japanese Geomorphological Union, 27(3), 319-336.
    21. Hattanji, T., Onda, Y. and Matsukura, Y. (2006) Thresholds for bed load transport and channel initiation in a chert area in Ashio Mountains, Japan: An empirical approach from hydrogeomorphic observations. Journal of Geophysical Research, 111, F02022. doi:10.1029/2004JF000206
    22. Matsushi, Y., Hattanji, T., Matsukura, Y. (2006) Mechanisms of shallow landslides on soil-mantled hillslopes with permeable and impermeable bedrocks in the Boso Peninsula, Japan. Geomorphology, 76, 92-108.doi:10.1016/j.geomorph.2005.10.003
    23. Moriwaki, H., Inokuchi, T., Hattanji, T., Sassa, K., Ochiai, H., Wang, G. (2004) Failure processes in a full-scale landslide experiment using a rainfall simulator. Landslides, 1, 277-288. doi:10.1007/s10346-004-0034-0
    24. Hattanji, T., Onda, Y. (2004) Coupling of runoff processes and sediment transport in mountainous watersheds underlain by different sedimentary rocks. Hydrological Processes, 18, 623-636. doi:10.1002/hyp.1262
    25. Hattanji T., Wakasa S. and Matsushi Y. (2003) The numerical relationship among first-order streams, peaks and saddles in two dissected mountains. Transactions, Japanese Geomorphological Union, 24, 205-213.
    26. 八反地 剛 (2003) 降雨を起因とする深層崩壊の特徴―崩壊土量と遅れ時間の関係―.砂防学会誌, 55(6), 74-77.
    27. 森脇 寛・八反地 剛 (2002) 5万分の1地すべり地形分布図を用いた地すべり地形解析.地すべり, 39, 244-252.
    紀要・学会発表論文集 (抜粋)
    1. Yamashita, K., Hattanji, T., Tanaka, Y., Doshida, S., Matsushima, T. (2017) Topographic characteristics of rainfall-induced shallow landslides on granitic hillslopes: A case study in Hofu City, Yamaguchi Prefecture, Japan. Tsukuba Geoenvironmental Sciences, 13, 23-29. PDF
    2. 川合昭彦・八反地 剛 (2017) 地震とその後の降雨による表層崩壊-東北地方太平洋沖地震による茨城県北部の事例から-.防災科学技術研究所研究資料, 411, 27-31. PDF (NIED)
    3. Hattanji, T. (2016) Suspended sediment transport in two headwater basins with different bedrock: A case study in the Ashio Mountains, Japan. Tsukuba Geoenvironmental Sciences, 12, 23-27. PDF (University of Tsukuba Library)
    4. 寺嶋智巳・松四雄騎・八反地 剛 (2014) 斜面水文学の視点から見た2013年10月の台風26号による伊豆大島の斜面崩壊.京都大学防災研究所年報, 57A, 17-24. PDF (DPRI, Kyoto University)
    5. Hattanji, T., Matsushi, Y. (2011) Channel initiation in a mountain basin underlain by granodiorite: A case study in the Abukuma Mountains, Japan. Tsukuba Geoenvironmental Sciences, 7, 19-23. PDF (University of Tsukuba Library)
    6. 佐藤昌人・八反地 剛・若狭 幸 (2011) 塩類風化に関する一実験 -風化による強度低下と岩石物性-. 筑波大学陸域環境研究センター報告, 12, 21-29. PDF (TERC, University of Tsukuba)
    7. 八反地 剛・秋山沙苗・松倉公憲 (2010) 阿武隈山地の野外風化実験サイトにおける風化環境. 筑波大学陸域環境研究センター報告, 11, 21-27. PDF (TERC, University of Tsukuba)
    8. 田﨑俊介・八反地 剛・若月 強・松倉公憲 (2009) 北海道日高地方の礫岩地域と凝灰質泥岩地域における表層崩壊地周辺の地中水の挙動. 筑波大学陸域環境研究センター報告, 10, 19-27. PDF (TERC, University of Tsukuba)
    9. Hattanji, T., Yamamoto, M., Matsukura, Y. (2008) Dissolution rates of limestone tablets in a flow-through system: A laboratory experiment. Tsukuba Geoenvironmental Sciences, 4, 3-7. PDF (University of Tsukuba Library)
    10. 八反地 剛・松倉公憲 (2007) 石灰岩タブレットを用いた野外風化実験-水質が風化速度に与える影響-. 筑波大学陸域環境研究センター報告, 8, 41-47. PDF (TERC, University of Tsukuba)
    11. 八反地 剛・廣瀬 孝・松倉公憲 (1999) 谷頭部における地下水変動と土砂生産の関係について-阿武隈山地花崗閃緑岩からなる小流域における事例-. 筑波大学水理実験センター報告, 24, 39-47. PDF (TERC, University of Tsukuba)
    研究費獲得状況
    • 2016/4 - 2019/3:科学研究費基盤研究(C)「高解像度DEMを用いた流路地形判読に基づく表層崩壊予測モデルの改良」
    • 2013/11 科学研究費補助金(特別研究促進費): 「平成25 年台風26 号による伊豆大島で発生した土砂災害の総合研究」(分担,代表:東畑郁生)
    • 2013/4 - 2016/3:科学研究費若手研究(B)「日本列島の花崗岩山地の化学的風化速度の分布とその規定要因」
    • 2013/4 - 2016/3:科学研究費挑戦的萌芽研究「火星表面の地形を実験室で再現する」(分担,代表:松岡憲知)
    • 2012/4 - 2013/3: 福武学術文化振興財団(歴史学・地理学助成)「豪雨発生前後の航空レーザ測量データを用いた表層崩壊の発生予測モデルの検証」
    • 2008/4 - 2011/3: 科学研究費若手研究(B)「風化・侵食速度が山地小流域の水文地形プロセスにおよぼす影響」
    • 2007/4 - 2010/3: 科学研究費基盤研究(B)「石灰岩の風化・削剥速度とカルスト地形の形成プロセス」(分担,代表:松倉公憲)
    • 2003/4 - 2005/3: 科学研究費(特別研究員奨励費)「基盤岩石の異なる丘陵地における谷の形成条件の定量的評価」
    学位論文:博士(理学)
      Threshold conditions for channel initiation in a humid forested mountain: an approach from hydro-geomorphic observations (2004年1月)
    • Contents (筑波大学電子図書館)
      注意: 章ごとに分かれてPDFファイルが作成されています.PDFファイルを表示するには,目次の項目にあるスキャナのマークをクリックしてください.