地形学は、地表の形態(地形)がどのように形成されてきたのか、また将来どうなるのかについて科学的方法で研究する学問です。地形学のフィールドは高山から、河川、海岸、深海底まで、極域から赤道域まで多岐にわたります。筑波大学地形学分野では、野外観測と室内実験によって地形の変化の過程(プロセス)を明らかにします。

卒業論文発表会・ポスター賞受賞

1月7日(金)に地球学類の卒業論文発表会がオンラインで開催されました。
参加者の投票の結果、本分野4年の原田駿介さんが優秀ポスター賞を受賞しました!
おめでとうございます!
卒業論文の提出まであと少し。皆さん頑張りましょう。

本年度の学生研究テーマはこちらのページをご覧ください。

日本地球惑星科学連合(JpGU)2021年大会 Abstract投稿受付中!

日本地球惑星科学連合(JpGU)2022年大会が2022年5月22日-27日(オンラインポスター:2022年5月29日-6月3日)に、幕張メッセにて開催されます。本分野スタッフも以下のセッションでコンビーナをつとめます。ご発表お待ちしております。

  • H-GM02 Geomorphology
    コンビーナ:齋藤 仁、八反地 剛Parkner Thomas、南雲直子
    スコープ: This session covers all facets of geomorphology, the study of landforms and Earth surface processes that create and change them. Applied topics such as geomorphological hazards and their mitigation as well as advances in geomorphological methods and techniques are also included. The whole session is held in English.

  • H-GM03 地形
    コンビーナ:齋藤 仁、八反地 剛Parkner Thomas、南雲直子
    スコープ: 地形学に関する様々なテーマ,地形形成,地形発達およびその地球環境変動との関係,地形災害やその軽減,特に日本国内で発生した様々な自然災害に関する報告,ハザードマップ,人間活動と地形変化の関係,地形計測手法やその自動化などに関する研究成果が英語または日本語で発表・議論されます.

  • H-TT14 HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHIC DATA FOR CONNECTIVITY IN THE ANTHROPOCENE
    コンビーナ:早川裕弌、Gomez Christopher・笠井美青・小倉拓郎
    スコープ: Recent technical developments have enabled us to acquire high-definition topographic and geophysical data for geoscientific research, including land surface processes, subsurface structures, submarine/aerial environments, and geo-ecological interactions. Such high-definition or high-resolution data are particularly useful for studies on landscape developments in a relatively short-term (decadal to millennial time scales), which are often assessed with a concept of connectivity in spatial and temporal contexts. In this session, we expect submissions on topics challenging the issues of connectivity in the Anthropocene, the most recent geological era of the Earth affected by human activities. A range of topics would fit the session framework, including theoretical works, data acquisition, pre- and post-processing, extensive data preservation and archiving, statistical analysis, physical modeling, machine learning, and numerical simulation. The methodological approaches may include, but are not limited to, laser scanning (Lidar), photogrammetry (SfM), GNSS precise positioning, SAR interferometry, multi-beam sonar, ground-penetrating radar, geomagnetic/electromagnetic sensors, and multi/hyperspectral sensors, based on terrestrial (fixed or mobile), aerial (UAV or manned airborne), or satellite platforms.

AGU(米国地球物理学連合)2021

 AGU(米国地球物理学連合)2021年大会(オンラインで開催)にて、本分野のスタッフが以下の発表を行いました。

  • Hattanji, T., Koga, W., Furuichi, T., Doshida, S., Tanaka, Y., Infilling rates of hollows in a landslide-prone area of Hiroshima City, western Japan: Estimation from radiocarbon dates and high-resolution DEMs.
  • Parkner, T., Long-term evolution of an earthflow reactivated by gully incision determined from historical aerial photographs, North Island, New Zealand.

2021年日本地形学連合秋季学術大会

2021年12月4日(土)~5日(日)に日本地形学連合2021年秋季学術大会がオンラインで開催されました。地形学分野からは、以下のメンバーがポスター発表を行いました。

  • 鈴木花七海八反地 剛小倉拓郎・古市剛久・田中 靖・土志田正二,広島県の表層崩壊跡地における2021年夏季豪雨による土砂移動.
  • 小林元春・八反地 剛, 高解像度地形データを用いたピナクル地形の解析-山口県秋吉台の事例-
  • 原田駿介・小倉拓郎・八反地 剛, 廃道を用いた山地斜面における土砂生産の評価-静岡県浜松市の事例-.
また、2021年12月3日(金)にはJGU秋の学校2021「ドローン計測ステップアップ!~今すぐ飛ばしたくなるRTKドローン~」が開催され、本分野スタッフの小倉が講師をつとめました。

2021年度 地形学野外実験A(九十九里・銚子)

新型コロナの影響でしばらく延期をしていた地形学野外実験A(2年生対象)を、11月26日(金)・29日(月)・30日(火)に開講いたしました(担当:関口・小倉)。その様子の一部を写真で振り返ります。

九十九里浜の堆積域。波による地形を観察。

穴を掘ってみて、堆積構造を観察。

昼食休憩時に空撮。浜堤列平野と集落が綺麗に見えました。

九十九里海岸で最も侵食されている箇所を見学。

屛風ヶ浦へ・・・

九十九里浜への土砂供給源。
地質による選択侵食や風化の様子をさわって感じる。


30日(小倉担当分)はSfM写真測量実習を大学で。
各々が好きな対象物を3Dモデリングし、測量に関する技術を身に着けてもらいました。
iPhone LiDARで取得した教室の様子


CSIS DAYS 2021

2021年11月19日(金)~20日(土)に行われたCSIS DAYS 2021(東京大学空間情報科学研究センター主催)で、地形学分野4年の原田さんがポスター発表を行いました。
  • 原田駿介・小倉拓郎・八反地 剛, 高解像度DEMと廃道を利用した土砂堆積箇所の抽出と計測.


GLP Asia Conference 2021

GLP Asia Conference 2021(オンライン開催)にて、スタッフの小倉が口頭発表しました。
また、SS10: Outreach and Education of Geography, Hazards, and Disasters のコンビーナ・座長をつとめました。

  • Ogura, T., Hayakawa, Y.S., Yamauchi, H., Tamura, Y., Aoki, T. Utilization of High-Definition Topographic Data for Developing Multi-Scale Spatial-Temporal Cognition of Local Environments.
  • Hayakawa, Y.S. and Ogura, T. Promoting Geographical Thinking Using 3D High-Definition Topographic Data and Handicraft Cardboard Models.
  • Yamauchi, H., Oguchi, T., Hayakawa, Y.S., Ogura, T. Effects of 3D Printed Terrain Models and VR Applications on Geography Education.